最近は少し円安になっているのですが、少し前は1ドル=75円の超円高!
とはいっても、日常生活であまり円高の恩恵は感じられない・・・。
でも、海外のサイトでショッピングできたら?

・・・と思って、「international shipping(海外配送)」をしているサイトを探してみました。

http://www.fjorn.com/

こちらはイッタラやアラビアなどの有名なブランドを扱っているインテリアや食器、雑貨のサイト。

日本のアクタスなどのインテリアショップでも扱っているスウェーデンのブランド、サガフォルムの食器を買ってみた。
こちらのショップでは特にディスカウントしているわけではないのだけど、1ドル=76円(8月当時)で換算して、カップ2個組が1370円くらい。
日本のショップでは2600円くらいなのでほぼ半額!
というわけでお皿やグラスなどを注文した。


確認メールのあと、だいぶたってから品物が届いたけど、カップ2個組が壊れている!
しかも1品足りない!?

慣れない英語でなんとかしてその状況をメールで伝えると、ティーポットは品切れのため後ほど配送されるとのこと。
壊れたカップはまた新しいのを送ってくれるというので、一安心。

その後2週間ほどして、無事届きました。


個人輸入なんてけっこう簡単かも。
なんて気を良くした私・・・。

ちょうどペイパル(国内外のサイトなどでも幅広く使われているオンライン決済サービス)
http://www.paypal.jp/jp

から、「HopShopGo」という海外のサイトでショッピングを代行して行う会社のキャンペーンメールが送られてきた。

その内容は「海外のショッピングの配送代金1キロまで送料無料」というもの。

期限は10月20日までとなっている。
もう20日だったので、さっそくエントリーすると、

エントリーが完了しました。1Kg分の国際配送料を無料にてご利用いただけます。

1kg
分の国際配送料無料キャンペーンにエントリーされました。 今すぐアメリカのオンラインストアでお買いものをお楽しみください!


というメールが送られてきた。

さて何を買うかというと・・・

前からほしいと思っていた双眼鏡。
必需品ではないけど、どこかへ行った時あると便利。

ダンナがライカのものがほしいというので、ちょっと贅沢だけどアメリカのサイトを見るとやっぱり日本の最安値より3万円近く安い!

送料1キロまで無料ならもしかして送料かからないかも?

という気持ちも後押しして思いきって買ってみることに。
アメリカのebayというショッピングサイトで買い物をし、そのサイトは直接日本には配送を行っていないので、配送代行サービスの「HopShopGo」あてでアメリカの住所にいったん送ってもらうことに。

しかしいざ「HopShopGo」から「荷物がアメリカの住所に届いたので、配送の手続きをしてくれ」という内容のメールを受け取り、配送料の決済をしてみると、どこにも「1キロまで無料」が反映される欄がない。

よく意味がわからず、メールで聞くと、なんとキャンペーンは10月20日までに「HopShopGo」のアメリカの住所に届いたもの対象で、キャンペーンは終了した、とのこと。

おいおい!
そんなことメールには全く書いてなかったぞ!

しかも双眼鏡自体は1キロないものの、体積重量?というものが加算されて1.5キロの配送料(38.29ドル)を請求された。

その後そんな内容はメールに書いてなかったとまたメールしたのだが、キャンペーンサイトには書いてあった、キャンペーンは終了したという返事。

なんだか腑に落ちなかったのだけど、双眼鏡はその住所に届いてしまっているわけだし、そのままにしとくわけにもいかない。

方法もなく、配送代金を決済するために手続きをしたのだけど、サイトの数字をいれる内容がよくわからず、荷物の重さかと書いた1.5でまたトラブル。

今日にも双眼鏡が届くかと思っていたのに、決済から1週間後にまた「HopShopGo」から

「1.5」ドルだと安すぎて送れない

とのメールが!!

え?
32.95ドル支払ったんだけど?


と思い、頭に血が上ってメールで問い合わせたところ、1.5ドルとは商品の値段を書く欄だったらしい・・・。

それならそう書いてよ!

商品の値段に応じて商品の保険代金を支払わなくてはいけないらしくて、双眼鏡の値段をいれると5ドルをまた支払ってください、というメールが来た。

もぉ〜、なんでこんな面倒くさいことに!?
代行なんてしてもらわないほうがよっぽどスムーズじゃないか!

と思いながら決済し、それから数日後、や〜っと双眼鏡が届いた。

やれやれ・・・もう2度とこのサイトは使わない。

そもそも、「HopShopGo」というサイトは、日本への配送を行っていないサイトで買い物をしたり、日本のカードを使えないサイトでの買い物を代行したりしてるのだから、色々なサイトで買い物したものをアメリカの住所で1つにまとめたりして日本に送ってもらうとかいう必要がないなら私も利用する意味はなかったわけだ。
ライカの双眼鏡なら、きっと直接日本に送ってくれるサイトもあっただろうし・・・ただ面倒が増えただけだった。
しかしそれもあとの祭り。


と思っていたら、双眼鏡を配送したDHLからまた請求書が!!!!

今度はなに!?

と思ったら、税金(1700円)と支払い手数料(700円)?

電話で聞いたら、なんと1万円以上の買い物は、日本で消費税が科せられるらしい。
なんだそれ!?

しめて2435円。


おいおいっ!

結局最安値より2万円くらいはトータルで安かったものの、この煩わしさや面倒くささを考えると「お得な買い物」という感じではなかった。


もし次に海外サイトで買い物する時には、信用できる大きな会社のサイトで、直接日本まで送ってくれるほうが絶対いいです。
アメリカのアマゾンなどではけっこう日本から買い物してる人も多いらしいし。


わずらわしいことがいやな人には、あまりお勧めはしませんけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村